HAKAAKI

EditorたまにVj
あと求人サイト運営してる人です

OWNDメインにつかってます
https://hakaaki-iuw.themedia.jp/



記事一覧(83)

INTEGRATION 8th ANNIVERSARY

Studio:no.9 orchestra (Steve* Music) -LiveHiroshi Watanabe a.k.a Kaito (Transmat | Kompakt)DJ Yogurt (Upset Rec)nego -LiveTUNE a.k.a FUKUI (INTEGRATION | Hippie Disco)MIU (INTEGRATION | RED DUST | Strange Planet)[VJ]anemonerecords (Messing)nanaoContact:YUKINA (DuenDe)Sayuri Oono (memEnTomOri)MU (ROCK!HOUSE!!DANCE!!!)SANJI (Messing | SPECTRA)JOISMillteaFoyer1:-Chill & Deep Space-Auto&mst -LiveSOUND8 -LiveDELTA NOISE -Liveメメ (RUBYROOM)Mnta (Harvest Dance)DJ MIYABI (Libero)[VJ]HAKAAKIAstronomical (Messing)Foyer2:-Artribal Lounge-[Work Shop]STONE63 (Live Paintting)Glimmer Candle (Candle)[Nail Booth]Shinobu Watanabe[Food]もうやんカレー酵素bar"紬"-Organic Fermented Juice-[Shop]Glass Gallery BOHEMIAN[Camera]CHIHIRO TANNO[Visual]ayanicoco (〼 | Sightrip)『融合型屋内レイヴ、INTEGRATIONの8周年スペシャル』DJ、ライヴ、アートや出店など各種コンテンツの融合をコンセプトに、独自の空間を築き上げるパーティINTEGRATION。代官山AIR、Sankeys TYOを本拠地として、これまで数々の豪華ゲストをフィーチャーすると同時に、Hiroshi Watanabe a.k.a KaitoとDJ Yogurtをレジデントに迎え開催都度に盛り上がりを見せてきたこのパーティも9年目の歴史を刻もうとしている。記念すべき祝祭となる今回は、no.9こと城隆之の音楽作品にギターやドラム、ヴァイオリンやピアノといったフィジカルな音楽性が加味され、フルオーケストラを想起させる壮大なライヴパフォーマンスで多くのファンを魅了し続けてきた6人編成のバンド、no.9 orchestraをゲストに迎える。昨年夏にSankeys TYOで開催されたINTEGRATION主催の週末パーティARIZEに続き2回目の出演となる今回も、オリジナルメンバーに加え、サックス・フルート奏者のSinsuke Fujiedaをフィーチャーし、叙情的で美しい旋律に包みこまれるような素晴らしい音楽体験を提供してくれるであろう。さらに今回、テクノ・ハウスなどをメインに都内でも選りすぐりのDJ陣がプレイし、毎回盛り上がりを見せているContactフロアや、音以外にも楽しめるコンテンツとして好評を博し、ショップ・ワークショップ・フードなど各テナントが集う"Artribal Lounge"に加え、チルアウトやディープ&テックをコンセプトにDJ、ライヴなどが融合する"Chill & Deep Space"フロアが新たに登場。まさに祝祭に相応しく、豪華に開催されるこの日のINTEGRATIONを心行くまで楽しんで欲しい。★エントランスにて数量限定、INTEGRATIONオリジナルミックスCDプレゼント!Open 16:00 - Close 22:00¥2500 w/Flyer¥3000 Door※未成年の方入場無料 (別途ドリンク代 ¥600) / Free admission for underage guests (Drink fee ¥600)※3歳以上12歳以下のお子様は保護者同伴で入場可能とさせて頂きます / A guardian must be with children 3yrs ~ 12yrs old.

COT & Friends feat. WAIO at Circus

Event Details:------------------------- November 17, 2018 (Sat.)- 10:00 p.m.- 3,000 yen (DOOR) / 2,500 yen (ADVANCE)@Circushttp://www.circus-tokyo.jp/------------------------Advance Tickets:------------------------http://iflyer.tv/WaioInTokyo/tickets/------------------------International Act:------------------------WAIO (BR / Nano, Spintwist, VII, WAO138, Kearnage)------------------------Special Guest:------------------------DISC JUNKEY (GRASSHOPPER RECORDS / NDC)------------------------Spotlight DJs (alphabetical order):------------------------Conures (DJ Tokunaga, One & Only) B2B Neco (Landscape)NEODEAD (Galatea Production)RinRin [Exclusive Retro Hard Trance Set!!!]------------------------Lineup (alphabetical order):----------------AJ (Ligaya, COT)ATS (Zum Walross)BEPPU (U)Gilles de la MareOdoriko (Digital Ohm Productions, Luca Label)Nono THINGSinister DexterTakayuki Tominaga (UNITE, kosendj-bu)Tsutrax (ALFA CROSS, TRANCETIMES)Xeria (Free's pace!, nagoSound)----------------Spatial Design:----------------M.U.//Mikudarihan Uppercut----------------Visuals:----------------Special Guest VJs:VJ AkikoVJ Hartono (ITA)Haka AkiHide-Low----------------Live Painting:----------------Yu Okitahttps://www.instagram.com/cartoonist13/TokyoDirect Presents: Cyberpunk Artist Shinnosuke Uchidahttps://www.facebook.com/coolestjapan/https://www.instagram.com/tokyodirectcoolestjapan/https://www.tokyodirect.jp----------------Food:----------------Knock Out Sunshttps://www.facebook.com/knock.out.suns/----------------Hype Crew----------------Tokyo Maniacshttps://www.facebook.com/TkManiacs/----------------Drag Queens:----------------Bomba SachikoMiss Poseidon----------------トランスの若き重宝WAIO。6歳でバイオリンを手に取り、13歳で電子音楽に出会う。2007年には日本のレジェンド級野外フェス「The Gathering」にてAstrix、GMS、John 00 Flemingなどと共演し、ミドルとフルオンの要素で絶妙なバランスを成すWAIOサウンドは常に日本で高い評価を呼び続けている。数々のオリジナルに加え2015年に初のアーティスト・アルバムをリリースし、近年のリミックスやコラボ作はAvalon、Tristan、Sonic Species、SymbolicやBurn In Noiseなどの著名アーティストを絡めたものが多く、サイケデリック・トランス・シーンにおいてその話題性は止まる事を知らない。一方、UKが誇るSimon Pattersonによる『Smack』のWAIOリミックスがBeatportのPsy Tranceチャートにて見事1位を獲得し、ヨーロピアン・トランスのビッグネームBryan Kearney、Will Atkinson、Jordan Suckleyなどと積極的にスタジオワークをするきっかけとなった。これを機にOZORAやBOOMといった最高峰のサイケデリック・ギャザリングに限らず、ASOT、Luminosityなど、ヨーロピアン・トランスの代表的フェスからもブッキングが増え続けている。そして、今年の7月に、約40万人分のチケットが数分で売り切れとなるTomorrowlandにも出演を果たし、WAIOはまさに「全世界に通用するサイ・トランス」を作ることに成功した、時代の先を行くトランスDJである。The young Brazilian trance prodigy Waio first took violin in hand at the tender age of 6, going on to discover dance music at 13. Some years later, in 2007, he performed at the legendary Japanese outdoor festival "The Gathering" alongside such bedrock names as Astrix, GMS, John 00 Fleming, and more. His masterful combination of middle and full-on elements have molded the WAIO sound that keeps fans calling him back to Japan year after year.In addition to scores of original productions, 2015 saw the release of his very first artist album. More recent years have seen him craft remixes and collabs with the likes of Avalon, Tristan, Sonic Species, Symbolic, Burn in Noise, and many other staple personalities of the psy trance scene. Truly, this is a DJ with an intensely unique direction and a massive studio skillset.Further lending to these facts is his work with UK trance legends - the most notable being Simon Patterson. His remix of Patterson's "Smack" hit #1 on the Beatport psy trance charts, propelling Waio into the spotlight of the European / UK trance scene. Other notable figureheads he has and continues to work with are Bryan Kearney, Will Atkinson, and Jordan Suckley, among many more.With performances at the biggest psychedelic gatherings in the world such as Ozora and Boom under his belt, Waio's epic story continues to expand, now including more European trance-oriented festivals such as the world-famous ASOT and Luminosity in recent years.In July of this year, however, Waio nailed a milestone booking at Tomorrowland - a mega-festival known to sell out in mere minutes due to a massive attendee base reaching well into the 400,000s.Indeed, Waio has accomplished what so few have: reaching out to the entire globe with a universally appealing style of psy trance. Expect a life-changing sonic experience this November 17th at Circus Tokyo...For more on Waio:------------------------https://www.facebook.com/waio.official/https://soundcloud.com/waio------------------------

緑音食夜祭2018

今回 VJ Hide-LowのサポートでVJします。以下イベントの詳細です。---------------------------------------------------------------------------------------------秋の風物詩的 野外イベント「緑音食夜祭」日の出町“おおばキャンプ村”にて2年振りに開催決定!通算5回目となる今回のLiveヘッドライナーは変幻自在のヒップホップ・バンド“underslowjams”。およそ2年前「酩酊」や「Prime Shock」などを収録したアルバム『PHONETIC CODE』が大きな話題となり、その後 自身が立ち上げたレーベル「HOT JAMS」から新曲「Frustration」を今年リリース。心地よいバンドサウンドにVo.& Rapを乗せ、ゆるさと抜群のスキルが噛み合ったユニークなスタイルで全国の音好きたちのハートをぐっと鷲掴みにしている。東京都内ながら人里離れたキャンプ場という絶好のロケーションで彼らのLiveを観ることができる機会はめったにないだろう。そしてDJのヘッドライナーは日本屈指のDJ/プロデューサー“SUGIURUMN”が登場。世界最高峰のクラブPacha Ibizaで4000人のクラウドをロックし、3年連続でPachaのミックスCDを手掛けるなどワールドワイドな活動を広げる一方、京都WORLDにて24時間DJプレイに挑戦するなど国内でも大きな感動を生み出している。昨年、人工知能(AI)をテーマにしたアルバム『AI am a boy.』をリリースしてシーンに一石を投じた。underslowjamsとも親交が深いらしく、彼ら自身にとっても楽しみな一夜となるであろう。今年の“緑音”はこれだけに留まらない。国内随一のパーカッショニスト“辻コースケ”、野外レイヴシーンで絶大な人気を誇るDJ YOGURT 、RIPSLYMEのサポートDJとしても知られるDJ SOMAなど各ジャンルのビッグネームが名を連ね、更にローカル・オルタナティブシーンの代表的なDJ・アーティストがひしめき合うラインナップが実現。中でも注目されるのは、岡山県に移住した愛とレゲエの伝道師“Luv Kiyoshi”の帰郷スピンや、VJ Boriとのコラボで五感を刺激する“コクーンexs”のLive、そして国分寺のおかしな3人トリオ“Funny★Guys”による極上居酒屋ORIGINALSOUND Live。もちろん野外フリーク垂涎の“WANG-GUNG”のアングラサウンド、GAKUやMASAKIによるPsy Progressive Tranceも見逃せない。日の出の山に音を打ち鳴らすのは今回も新潟県は村上市からやってくるUNDERクルー。感動と驚嘆を与えてくれた2年前よりパワーアップしたサウンドシステムでオーディエンスを魅了する。緑あふれる自然の中で、心地よい音と美味しい食を楽しみ、夜がふければキャンプファイヤーを囲んで仲間たちと語り合う。そして星空と森の暗闇がやがて朝日によって輝き満ちるまで踊り明かしましょう。笑顔が尽きない一夜を、そんな年に一度のお祭りです。お楽しみにどうぞ!*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*緑音食夜祭 2018RYOKU ON SHOKU YA SAI [vol.5]TECHNO/HOUSE/TRANCE/RAGGAE/R&B/HIP-HOP& LIVE PERFORMANCE日 時 10月7日(日) ※祝前日 16:00~翌7:00会 場 おおばキャンプ村住 所 東京都西多摩郡日の出町大久野3741入場料 3,000円*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*【Live】underslowjams辻コースケコクーンexs (en)Funny★Guys (herlem lights record)【DJ】SUGIURUMN (BASS WORKS RECORDINGS)DJ YOGURT (Upset Rec)DJ SOMA (underslowjams)Luv KiyoshiWANG-GUNG (WEST SIDE FREEDOM)GAKU (West Side Story)MASAKI (LOOP/Loose Records)TAKIO (UNDER crew)siva-T (zerogtavity/フカミドリ)SHINGO (Psy Aeen/奇人達の晩餐会)DJ DAICHI (CRANK)MNTA (HARVEST DANCE)ARAI LAZER (CARIZMA)MASATO (Flower/3.14COMPANY)SEED aka WEED (UNDER crew)YOKOYAMARLEY (UNDER crew)SHO-HEY (KBJ)MICHIO五寸釘汁兵衛MASH (Flower/3.14COMPANY)Kinoppi (DIGITAL COMPANY)871Nobuyuki Kondo (Flower/3.14COMPANY)TUNGAM (INDICA NIGHT / 3.14COMPANY)HAPPY SUNDAYS (MediaTownDJs)103 (MediaTown MCs)DJ Momoya (MediaTownDJs)ACKC (MediaTownDJs)【VJ】VJ BoriHide-Low【Dancer】nissy (Tokyo Kink Society)【Sound System】村上UNDERNARCOTIC SOUND SYSTEMCHICKEN SHACK【Food】Bar BQDJ Bar SureeBAR Coppersei & union酔い処「じじい最期の一振り」-Jiyu-Kimama-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*【※※ご注意※※】★お車で来られる方は武蔵五日市駅前のタイムズに駐車し、シャトル便、又はバス・タクシーでご来場下さい。▽シャトル便のご案内:JR武蔵五日市駅より15:30より20分に1本運行しております。キャンプ場ふもとまでの運行となりますので、山道を5~10分ほど歩いていただきます。▽バスのご案内:JR武蔵五日市駅より「つるつる温泉行き」または「松尾行き」西細尾バス停下車 徒歩500m (帰りの始発は6:00)▽タクシーのご案内:リーガルキャブ 042-550-2712京王自動車 042-596-1711▽終電のご案内:JR武蔵五日市駅 ⇒ JR国分寺駅JR武蔵五日市駅 ⇒ JR福生駅ともに23:54★屋内スペースもございますが山間部につき突然の雨などにより冷え込む場合がございます。防寒・防雨にご注意の上、必要に応じて寝袋等をご持参下さい。★会場は山間部のため携帯電話が繋がりませんので予めご了承下さい。auの携帯電話は疎通確認がとれていますが、当日の環境により使用できない可能性もございます。★大雨・台風など悪天候の場合は中止とさせて頂きます。★当イベントのチケットは当日券のみ販売とさせて頂きます。★ゴミ0運動を実施しています。近年、都内で野外イベントを楽しめる場が絶滅寸前です。皆が楽しめ場を継続できるよう、ゴミのお持ち帰りにご協力ください。会場をキレイにしてイベントを楽しみましょう。・雨、気候等の対策は各自の責任でご準備下さい。・テントやBBQセットの持ち込みは歓迎しますが、関係者に所定位置をご確認下さい。直火は禁止とさせて頂きます。・お手荷物はお客さまご自身の責任において管理していただきますようお願い致します。・会場内外で発生した事故、盗難等においては主催者、会場、出演者、出店者は一切責任を負いません。・泥酔、薬物摂取、喧嘩、危険行為など、他の方の迷惑となる行為をした方は退場して頂きます。・刺青が入ってる方は、刺青が見えない服装で参加してください。・喫煙者は携帯用灰皿をご用意下さい。ご協力お願い致します。